cdyescola@gmail.com

U-14 本栖湖交流戦

U-14 本栖湖交流戦

 7月28日~30日の3日間、RENOVA FC U-14チームが本栖湖スポーツセンターで行われた県外チームが参加する交流戦に参加してきました。

【本栖湖U-13/U-14交流戦 参加チーム】
RENOVA FC
大森FC
GRANDE FC
川越FUTURE
FC ALmundo
Raffle瑞穂
FC OLE

 3日間で全部で10試合を戦いましたが、本栖湖は甲府と違いかなり過ごしやすい陽気となっており、日差しがあっても風が涼しく感じられました。日陰にいると風が心地よいので試合の合間にうたた寝する選手もちらほらいました(笑)

 今回の交流戦では選手たちの「がんばり」の基準が上がったと感じており、ただボールを追いかけるだけではなく、ボールを奪う、ゴールを奪うというところまでやりきれるようになってきました。
 1日目、2日目の試合ではボールを奪いに行くけれど、いまいち寄せきれない、最後の最後で一歩が出ないところが多く、あっけなく失点する場面が散見されました。攻撃時においても積極的にボールを受けにサポートすることが出来ず、相手のプレスに押し負けて消極的にプレーすることも多く、こちらのパスミスがそのまま失点に繋がることも多かったです。
 変わるきっかけとなったのは2日目の最終戦でして、この試合でも立て続けに失点することがありましたが、徐々にこちらのプレスが効果的に機能しだし意図的なボール奪取ができるようになると相手陣地でサッカーできるようになってきました。その結果良い形でゴールを決めることができ、終わってみれば2-6という点差での敗戦でしたが、ゴールを奪ったことで選手たちが目に見えて動き出しが良くなり、自信を持ってプレーする様子が見れました。ゴールで生まれる力はやはり凄まじく、苦しんだ分だけ喜びが大きかったです。

 3日目の試合でも勝つのが難しい相手となりましたが、またゴールを奪いたいという気持ちが現れており、必死でくらいついてボールを奪い、何とか前線に運んでいこうともがく姿が見られました。苦しい時間帯が続くも、不格好ながらも何とか前に繋いでいったボールを思い切って打ったミドルシュートがポストに当たって入り、スーパーゴールが生まれました。ほぼ全ての試合で負けてしまい課題が大変多いチームでありますが、良い雰囲気で終えることが出来たのは選手たちが今までよりも頑張ることが出来た結果だと思っています。

 U-14チームは後輩が出来たことで競争意識が生まれ、試合に出場することが当たり前で無い環境になったことで色んな感情と向き合い努力を重ねてくれています。自分が変わればチームが変わり、より良い結果を引き寄せるということを今回の交流戦で経験できたと思います。
 この夏でさらなる成長を遂げられるようクラブ一丸となって励んで参りますので、引き続き応援よろしくお願い致します。

 保護者の皆様、対戦頂いたチームの皆様、運営頂いた本栖湖スポーツセンターのスタッフの皆様に感謝申し上げます。どうもありがとうございました!

▼インターンにてトレーナー研修に来てくれた中村トレーナー
RENOVA FC専属の久根トレーナーの後輩であり、3日間選手のコンディション管理やウォーミングアップ等をサポートしてくれました。3日間の短い日程の中でも選手たちと信頼関係を築き、チームの大きな力となってくれました。

中村トレーナーに感謝を伝える選手たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。