cdyescola@gmail.com

低学年トレーニングマッチ

低学年トレーニングマッチ

 4月24日・25日と週末を利用して小学1年生~3年生の練習試合を行いました。CDY.ESCOLAでは新年度に入り低学年の在籍選手が増えたことで試合機会を多く作れるようになったこと本当に嬉しく思います。子どもたちも同学年の仲間達と一緒に試合することで多くの学びを得ることが出来ており、一生懸命頑張る姿をピッチで見せてくれています。

【4/24(土):U-9トレーニングマッチ】

 Uスポーツさんにお招きいただき綺麗な人工芝のピッチで思いっきりサッカーを楽しませて頂きました。
 ドリブル技術の高い選手からのチャンスメイクでゴールを重ねる場面が多く見受けられ、対人強化のトレーニング効果が発揮できていたんじゃないかと思います。守備の面でも体を張った守備をする選手が増えてきており、相手の突破を上手に止めることが出来ていました。
 課題として8人制のサッカーにおいてのポジションの取り方やそれぞれの役割を覚えることでドリブルとパスの上手な使い方を学んでいくことや、守備においてはどうやったら仲間と協力してボールを奪いやすく出来るかを伝えていく必要があるなと感じました。
 色々な知識を持つことと、効果的なプレーを自分たちで考えて発見出来るよう日々のトレーニングで伝えていけるよう励んでいこうと思います。
 対戦頂いたUスポーツさん、大里SSSさんに感謝致します。また試合出来ること楽しみにしておりますので今後ともよろしくお願い致します。 

【4/25(日):U-8&U-7トレーニングマッチ

 この日はCDY.ESCOLAが主催となりエルドラードさんと大里SSSさんを普段練習で使っている県立青少年センターにお招きして6人制のミニサッカーでトレーニングマッチを行って頂きました。CDY.ESCOLAの選手は18人もの選手が集まってくれたので3チームに分けて試合をすることが出来ました。
 初めて試合をするという子も5~6人おり、他の子もまだあまり試合経験が無い子がほとんどでしたが、仲間が多かったこともあってかさほど緊張することもなくサッカーを楽しむことが出来ていました。
 選手のみんなには”ミス”について考えてもらい、良いミスと悪いミスがあることを伝えました。当然試合の中でたくさんミスする場面がありましたが、チャレンジを伴った良いミスがたくさんあり、試合を重ねる度に良い変化と成長を見ることが出来たので嬉しく思います。
 まだ試合経験が浅い選手たちということでポジションや作戦などを考えるよりも、まずは日頃のトレーニングを信じて全力で戦うことを選手たちに求めました。思いっきり戦い、楽しむことができるようになるまでは作戦ボードは必要ありませんね。
 保護者の方々にはもどかしい試合を見せているとは思いますが、子どもたちが一生懸命戦う姿と楽しんでサッカーしている姿を見せることが出来たと思います。そんな子どもたちを温かく見守ってくれて応援してくれる保護者の皆様に感謝致します。
 今回対戦頂いたエルドラードさん、大里SSSさん。いつも対戦頂き誠にありがとうございます。また試合できること楽しみにしておりますので今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です